Zope のインストール

このドキュメントは Zope の始め方について説明しています。

前提

Zope を使うためには、以下の前提条件をそろえる必要があります:

  • ZopeがサポートしているバージョンのPython、システムレベルのパッケージ からインストールしている場合は開発サポートも含みます。サポートバージョン は以下の通り:
    • 2.6.x
    • 2.7.x
  • ZopeはPythonの zlib モジュールがインポート出来る必要があります。 Pythonをソースからビルドするのであれば、先にシステムの zlib ヘッダーをインストールしておいてください。
  • Pythonの拡張モジュールをビルドできる C コンパイラー。 (gcc を推奨). この項目は Windows では必須ではありません。 Windows の場合、コンパイル が必要な部分については常にバイナリでのリリースが提供されています。
  • Windows で Zope をサービス登録したい場合、 pywin32 パッケージを インストールしておいてください。

Zope のインストール

推奨される Zope のインストール方法は virtualenv を用いた仮想 Python 環境にインストールする方法で、以下のように行います:

$ virtualenv --no-site-packages my_zope
$ cd my_zope
$ bin/easy_install -i http://download.zope.org/Zope2/index/<Zope version> Zope2

もし、システムにまだ virtualenv がインストールされていないのであれば、 最新版を virtualenv PyPI page から取得して以下のようにしてインストールしてください:

$ wget http://pypi.python.org/packages/source/v/virtualenv/virtualenv-1.4.6.tar.gz
$ tar xzf virtualenv-1.4.6.tar.gz
$ cd virtuaenv-1.4.6
$ /path/to/python2.7 setup.py install

virtualenv ではなく buildout を使って Zope のインスタンスを管理したいので あれば、 zc.buildout を用いた Zope のインストール を参照して下さい。

Zope インスタンス作成

Zope のインストールが終わったら、次は “インスタンスホーム” の作成を 行います。これは Zope サーバープロセスが使用する設定とデータファイルを 置くディレクトリです。インスタンスホームは mkzopeinstance スクリプト で以下のようにして作成します:

$ bin/mkzopeinstance

mkzopeinstance の実行中に管理者アカウントのユーザー名とパスワード の入力を求められるでしょう。コマンドラインオプションの詳細を見るため には、スクリプトを --help オプション付きで実行します:

$ bin/mkzopeinstance --help

ノート

従来のような”同一ディレクトリ(inplace)”でのビルドはサポートされません。 virtualenv の環境外で mkzopeinstance を使用してインスタンスを作成 してください。

(Translated by Shimizukawa, r114672, original-site)

目次

前のトピックへ

Zope 2.13 の新機能

次のトピックへ

zc.buildout を用いた Zope のインストール

このページ

お問い合わせ

日本語訳についてのご意見などは zope.jp の連絡フォーム からお願いします。